LINE Pocket Money(ポケットマネー)現金化する手数料.限度額

この記事は約3分で読めます。

何のために、借りるのかな?

もちろん! 現金が必要だから!!

LINE Pocket Money(ポケットマネー)で借りたいのは、足りないのを補いたいからですね。

LINE Pocket Money での借り入れは、LINE Pay残高への加算になります。

LINE Pay残高は、以下のように使うことができます。
  • LINE Payでの決済
  • 銀行口座への現金化

LINE Pocket Money は、LINE Payでの買い物に、お金が足らない場合にも使えますが、やはり、銀行口座への現金化を、より少ない手数料したいですね。

まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Money(ポケットマネー)現金化するには

LINE Pocket Money での借り入れは、LINE Pay残高への加算になります。

LINE Pay残高は、LINE Payでの決済には使えます。

クレジットカードの引き落としなどで、お金がいる場合は銀行の口座にお金を入れる「現金化」が必要になります。

必要な金額に応じて、オトクな現金化の方法を選ぶことができます。

出金限度額を確認

現金化の前に、出金限度額を確認しておきましょう。

以下が銀行出金額を確認する手順です。

限度額を確認する手順

  1. LINE Payで金額の部分をタップします。
  2. 下にスワイプし「設定」をタップします。
  3. 「アカウントタイプ・利用限度額」をタップします。
  4. 下にスワイプすると限度額を確認できます。

限度確認画面を拡大したのが下の画像です。

銀行出金限度額

上の画像のようになっていれば、1日100万円まで銀行への出金が可能です。

ただ、三菱UFJ銀行だけは、1日当たり10万円です。

限度額が引き上げの操作

限度額が引き上げられてない場合は、本人確認を行うなどの操作するだけで、簡単に限度額の引き上げが出来ます。

現金化の方法

次に、上限金額に応じて、現金化の方法をまとめてみました。

10万円までなら自分に送金

10万円までなら送金機能で、自分の銀行口座に送金できるので、手数料は176円に出来ます。

10万円以上なら銀行口座に振込

10万円よりおおいときには、銀行口座への出金しかなくなります。

出金の限度額は100万円で、手数料は220円です。

出金操作が受付られる時間帯は、9時から15時の銀行の勤務時間帯と同じです。

短いので注意が必要です。

また、セブン銀行ATMでの出金には時間制限ありませんが、出金の限度額は10万円です。

活用の裏ワザ

LINE Pocket Moneyでの借り入れは、LINE Pay残高への入金となります。

LINE Pay残高を現金化するのに、10万円までなら、「自分の銀行口座に送金する」という方法が、手数料はわずかですが安いです。(およそ40円)

また、三菱UFJ銀行も、1日あたり10万円が上限なので、「自分の銀行口座に送金する」という方法が手数料が安くなります。

三菱UFJ銀行以外で、10万円以上の場合は、銀行口座への出金しか方法はなくなります。

出金操作が受け付けられる時間帯は、平日の9時から15時、銀行の営業時間と同じなので注意が必要です。

銀行出金は平日! 時間帯を気にしよう!!

コメント