MENU
光太郎
ITエンジニア
国立工科大学卒業後、30年以上、一貫してITエンジニアの道を歩む。キャッシュレス決済を活用を推進し、オトクな情報に目が無い。3人の子供に囲まれ、常に妻の顔色を伺っているため、危険察知能力が高い。

LINE pay(ラインペイ)カードとは? 発行と登録

LINE Payカードには、色んな種類があるらしい・・・
そうだね、決済で使用できるカードは、「バーチャルカード」と「プラスチックカード」があるよ

この記事を読んで、わかること

  • LINE Payカードに2種類あること
  • バーチャルカードとプラスチックカードの違い
目次

LINEPayの決済に使える2種類のカード

LINEPayの決済に使える「LINE Payカード」には、2種類あります。

「バーチャルカード」と「プラスチックカード」です。

どちらも同じ番号です。

番号を確かめるには、LINEアプリから、右上のウォレットをタップします。

表示されたLINE Payの残高のしたの下の「****」で始まる個所をタップしましょう。

パスワードや指紋で認証した後に、LINE Payカードの番号を確認できます。

以下が、手順の図解です。

(クリックで拡大)

LINE pay(ラインペイ)「バーチャルカード」とは

バーチャルカードは、LINE Payを始めると、ほぼ同時に使うことができます。

申し込みは必要ありません。

バーチャルカードは、オンライン、すなわちインターネットでの決済にのみ使えます

クレジットカードと同じように、名前と番号と有効期限を入力して決済します。

なお、入力する名前は「LINE MEMBER」で大丈夫です。

「プラスチックカード」のように実物のカードはないので、「バーチャル(仮想)カード」と言われます。

クレジットカードと同じように、16桁の番号が振られています。

LINE pay(ラインペイ)「プラスチックカード」とは

プラスチックカードを手に入れるためには、申し込みが必要です。

手数料や送料はかからず、無料で発行できます

「プラスチックカード」の申し込み方

プラスチックカードは昔はコンビニで購入できましたが、今ではスマホからの申し込みになります。

その方法については、以下の記事を参照してください。

https://9r-pay.com/line-pay_card_convini/

見た目は、普通のクレジットカードと同じで、使い方もクレジットカードと同じです。

JCBの加盟店ならほどんと使えます。

購入の時には「クレジットカードで」と言って渡すだけで良いです。

本当はプリペイドカードなのですが、店頭での「プリペイド」カードの扱いは違っているので、決済がうまくいかない場合があります。

申し込んで、届くまでの間の注意点

なお、プラスチックカードの発行を申し込んでから、プラスチックカードが手元に届くまで、1~2週間かかります。

その間、バーチャルカードの利用は停止されています。

プラスチックカードが届くまでの間にバーチャルカードを使いたい時には、「停止の解除」をする必要があります。

停止を解除して、1時間後には、また停止されます。

これはセキュリティ上の安全対策です。

カードが届いたらすること

プラスチックカードが届いたら、LINE Payでの「登録」をします。

プラスチックカードが届いた時点では「登録」の表示になっています。

以下の手順で、登録の操作をします。

  1. 「登録」をタップします。
  2. プラスチックカード裏面の「お客様番号」の下3桁を入力します。
  3. 「利用中」の表示なれば、登録は完了です

まとめ

以上、LINE Payカードの「バーチャルカード」と「プラスチックカード」について説明しました。

ですが、プラスチックカードを作ってしまえば、区別なく使うことになるでしょう。

どちらも、LINE Pay残高から引き落とすための「カード」です。

目次
閉じる